業務分野別検索

宝石加工

宝石の性質を理解し、その魅力を最大限に引き出すために、宝石に切断、研削、研磨などの加工を施すこと。原石から製品を磨き上げるまで一定の工程があり、完成品をイメージして段取り良く行うことが求められる。山梨県では地場産業の一つとして、古くから装身具、工芸品などに用いられてきた技術として研磨・宝飾業があり、現代でも宝石加工はジュエリーを構成するために重要な要素である。

宝石加工の職人を見る!

 

宝飾デザイン

時代に合ったジュエリーを平面的・立体的に図案化すること。さらに、商品の企画立案を行う場合もあり、デザイナーは生産から販売の全般に渡る知識を持つ。消費者の個性化・多様化が進む中、ジュエリーにおけるデザインの領域はますます重要視されている。

宝飾デザインのデザイナーを見る!

 

宝飾加工

貴金属に切断、切削、接合、研磨、石留めなどの加工を施すこと。高度な技術を用いた一品製作や量産の製品を製作する。また、貴金属の特性を理解し、デザイナーの要求に対して、適切な技術を駆使して応えたり、デザイナーに対して適切なアドバイスを行う。

宝飾加工の職人を見る!

宝石鑑別

比重、光学的性質、屈折率などを測定し、科学的根拠を基に適正に宝石の性質や特性を判断すること。特にダイヤモンドの評価には「カラット(Carat)=重さ」「カラー(Color)=色」「クラリティ(Clarity)=透明度」「カット(Cut)=研磨」の4Cと呼ばれる国際的な評価方法が用いられている。ジュエリービジネスでは信用が第一なので素材の扱いは厳密でなければならない。

宝石鑑別の職人を見る!