トップ > くらし・防災 > 防災 > 防災情報 > 総合情報 > 地域防災力モデル事業平成18

更新日:2008年12月2日

ここから本文です。

地域防災力モデル事業平成18 

訓練の目的

地域防災の第一義的な責務を有する市町村を中心に、自主防災組織、消防団、福祉団体、防災関係機関等が、火山情報の発表や万一噴火が発生した場合の各組織間の役割と連携について具体的に検討するとともに、県及び市町村の地域防災計画や各種マニュアル等の実効性や問題点等を検証するため、イメージトレーニング方式の図上訓練を実施しました。

訓練の想定

富士山火山に係わる情報発表時の噴火前対策及び噴火直後

訓練の概要

  • 1.日時 平成18年11月28日(火曜日) 9時30分 ~16時00分
  • 2.会場 富士吉田市民会館
  • 3.参加機関  山梨県、富士吉田市、富士山火山防災協議会構成市町村、富士吉田市会福祉協議会、富士五湖消防本部、富士吉田市消防団、自主防災組織、富士急行(株)、(財)ふじよしだ観光振興サービス 約100名

このページに関するお問い合わせ先

山梨県防災局防災危機管理課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1432   ファクス番号:055(223)1429

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について